電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS EC2

AWS EC2に構築したECサイトを移行する ~EC-CUBE編~

初めに


こんにちは。新入社員のA.H.です。
前回、前々回はAWS EC2インスタンスにECサイト構築パッケージのEC-CUBEとMagentoを構築していきました。
詳細は下記をご確認ください。
AWS EC2にECサイトを構築する ~EC-CUBE編~
AWS EC2にECサイトを構築する ~Magento編~


今回はAWS EC2に構築したEC-CUBEを新しいインスタンスへ移行してきます。

目標


・新しいインスタンス上でEC-CUBEが正常に動作している

※EC2インスタンス作成手順は割愛いたします。

目次

  1. 構築環境
  2. 下準備
    1. 新しいインスタンスの作成
    2. バックアップの作成
  3. 移行作業
    1. バックアップファイルの移行
    2. バックアップファイルの展開
    3. 動作確認

構築環境

インスタンス構成

  • AWS EC2 Linux2 64 ビット (x86)
  • インスタンスサイズ t2.micro
  • セキュリティグループ

タイプ プロトコル ポート範囲
SSH TCP 22
HTTP TCP 80

システムバージョン


EC-CUBE4のシステム要件
https://doc4.ec-cube.net/quickstart_requirement

今回の構築環境の各システムバージョン

  • EC-CUBE 4.0.5
  • Apache 2.4
  • MySQL 5.7
  • PHP 7.4
  • Composer 1.10.13

使用ツール

  • Tera Term
  • Win SCP

下準備

1.新しいインスタンスの作成


EC-CUBEのシステム要件を満たすように、Apache・MySQL・PHP・Composerをインストールしてください。

今回は以前投稿した
AWS EC2にECサイトを構築する ~EC-CUBE編~
の1~5と7の通りに構築を行った前提で説明していきますので、相違点があった場合は適宜変えながら進めてください。

※新しいインスタンスはバージョン・権限含め、なるべく移行元の環境と同じ状態にしてください。

2.バックアップの作成

2.1 DBのバックアップをとる


移行元のインスタンスにTeraTermでログインしrootユーザーに切り替えます。

</p>
sudo su -
<p>


後々WinSCPでダウンロードしてバックアップを取り出すため、/home/ec2-userにバックアップファイルを作成していきます。

</p>
cd /home/ec2-user
mysqldump -u root -p --single-transaction --databases eccube | gzip > DB_eccube.sql.gz
<p>


2行目のコマンドでバックアップファイルを作成します。
パスワードを聞かれるので、MySQLのrootユーザーのパスワードを入力してください。

処理が終わったら「ls」コマンドで DB_eccube.sql.gz ファイルがあるか確認してください。

2.2 EC-CUBEのバックアップをとる


以下コマンドでEC-CUBE全体のバックアップファイルを取得します。

</p>
tar zcvf ec-cube.tar.gz /var/www/ec-cube
<p>


処理が終わったら「ls」コマンドで ec-cube.tar.gz ファイルがあるか確認してください。

移行作業

1.バックアップファイルの移行

1.1 WinSCPでバックアップファイルを移行する


WinSCPでバックアップファイルを一度操作しているPCにダウンロードし、移行先のインスタンスにアップロードします。
アップロード先は /home/ec2-user とします。

2.バックアップファイルの展開

2.1 DBのバックアップファイルを解凍する

</p>
cd /home/ec2-user
<p>


バックアップファイルがある場所に移動し、バックアップデータを解凍します。

</p>
gzip -d DB_eccube.sql.gz
<p>

2.2 DBをリストアする

</p>
mysql -u root -p < DB_eccube.sql
<p>


MySQLのrootのパスワードを聞かれるので入力してください。

処理が終わったらバックアップファイルは不要のため削除します。

</p>
rm DB_cube4.sql
<p>


これでDBの移行は完了です。

2.3 EC-CUBEファイルを解凍する

</p>
tar -zxvf ec-cube.tar.gz
<p>

2.4 EC-CUBEファイルを配置する


解凍するとバックアップファイルを作成したフォルダの階層の状態で解凍されます。

今回必要なのはec-cube以下のファイルのため、以下コマンドで移動させます。

</p>
mv var/www/ec-cube /var/www/
<p>

2.5 EC-CUBEファイルのキャッシュを削除する


キャッシュがあるディレクトリに移動します。

</p>
cd /var/www/ec-cube/var
<p>


キャッシュを削除します。

</p>
rm -rf cache
rm -rf log
rm -rf sessions
<p>

3.動作確認

3.1 ApacheとMySQLを再起動する

</p>
systemctl restart httpd.service
systemctl restart mysqld.service
<p>

3.2 Webブラウザで確認する


Webブラウザで パブリックIPv4 DNS にアクセスしてください。
移行前のフロントページと同じ表示が確認できたら移行は成功です。

移行作業、お疲れ様でした。

最後に


今回はEC-CUBEを新しいインスタンスに移行しました。
次回は以前構築したMagentoの新しいインスタンスへの移行について共有させていただけたらと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

AWS相談会バナー