AWSの運用・導入、システム開発・アプリケーション開発のことならクロスパワーのクラウド

電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

お問い合わせはこちら

AWS IoT Enterprise Buttonを使ってみよう

こんにちはkobayashiです。

 

AWS IoT Enterprise Buttonが日本でも販売開始され話題になりました。

 

ボタンをクリックするだけでLambda関数を実行することができる面白いサービスです。

 

今回はアプリを使って簡単に初期設定をし、ワンクリックでEメールを送信してくれるように設定したいと思います。

 

手順

 

まず専用アプリを起動しAWSアカウントでログインします。

 

 

ログイン後デバイスIDの登録を選択すると以下の画面が表示されるので、スキャンしてデバイスを登録します。

 

 

デバイスを押すよう指示されるので、ボタンを6秒間長押しします。

 

 

デバイスの登録が終わったら、Wi-Fiネットワークの選択を行います。

 

接続したいWi-Fiネットワークの情報を入力しましょう。

 

 

 

デバイスの登録とWi-Fiネットワークの選択が終了したら、最後にもう1度デバイスをクリックするように指示されます。

 

ボタンをクリックすると「登録:成功」と表示されます。

 

 

これで設定は終了です。アプリを使うと非常に簡単に設定ができます。

 

では登録したAWS IoT Enterprise Buttonを実際に使ってみましょう。

 

以降はAWSコンソールからの作業になります。

 

まずプロジェクトの作成をします。

 

 

流れに沿って必要項目を入力してきます。

 

今回のアクションは「Eメールの送信」を選択しております。

 

 

 

 

必要項目を入力し「プロジェクトの作成」を選択し、以下の画面が表示されれば完了です。

 

次にプレイスメントの作成をします。

 

 

 

プレイスメント名を入力し、使用するデバイスを選択します。

 

 

プレイスメントが作成されました。

 

 

ここまでで準備は完了です。

 

動作確認

 

では実際にAWS IoT Enterprise Buttonをクリックして動作確認をしてみます。

 

 

無事にメールが届きました。

 

レポートからは使用しているデバイスの、アクティビティや残りライフが確認できます。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はアプリを用いてデバイスの登録を行い、ボタンをクリックするとEメールを送信するよう設定しました。

 

非常に簡単に設定ができることがお分かりいただけたことと思います。

 

もちろんAWS IoT Enterprise Buttonはデフォルトで存在するアクションだけでなく、ワンクリックで任意のAWS Lambda関数を実行させることができますし、そこが1番の面白いところですね。

 

ぜひAWS IoT Enterprise Buttonを使って色々と試してみて下さい。

Copyright 2016 Cross Power Corporation. All Rights Reserved.