AWS監視システム構築

AWSの基本的な監視システムのご提供

サービス概要と特徴

AWSの機能を利用した基本監視環境の構築サービスになります。
監視に掛けるコストを最小限に抑えたいユーザ向けになります。

メリット

  • 監視サーバーなどを増やすことなく、EC2やRDSの監視が可能

    AWS側の機能を利用することで、別途サーバーを用意しなくても簡単なサーバー監視を行うことが可能になります。

  • ダッシュボード機能

    簡易的なダッシュボードを利用して一目でリソースの使用状況を確認することが可能です。

    Network Out CPU Utilization
  • 通知設定

    CPU使用率やディスク使用率など、閾値を設定して閾値を上回ったら、指定のメールアドレスにメールを送信させたりなど、通知させることも可能です。

作業範囲

EC2・RDSの監視設計~設定

対象項目

監視項目例
EC2 CPU使用率
ディスクI/O量(読み取り)
ディスクI/O量(書き込み)
ネットワーク通信量(受信)
ネットワーク通信量(送信)
インスタンス状態
システム状態
メモリ使用率
メモリ使用量
使用可能メモリ量
ディスク領域使用率
ディスク領域使用量
使用可能ディスク領域量
RDS CPUクレジット消費数・残数(t2系のインスタンスのバーストできるクレジット)
データベースへの接続数
read・writeのキューの数(負荷などで、書き込み・読み込み待ちになったキュー数)
利用可能なメモリ容量(EC2では取得できないがRDSでは取得可能)
利用可能なストレージ容量(EC2では取得できないがRDSでは取得可能)
MySQL、マルチAZ利用時のレプリケーションラグの秒数
RDSのswap総容量
秒間あたりの書き込み操作数、読み込み操作数
1回の書き込みにかかる平均秒数、1回の読み込みにかかる平均秒数
1回の書き込みにかかる平均バイト数、1回の読み込みにかかる平均バイト数
受信時のネットワークトラフィック(バイト/秒)、送信時のネットワークトラフィック(バイト/秒)

価格

初期費用 50,000