電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -AIで脆弱性診断-

新型コロナウイルス感染拡大により、わたしたちの生活スタイルは大きく変わりました。

 

感染のリスクを避けながら日々の生活や経済活動を維持していく「ニューノーマル時代」への移行に伴い、どの企業もそれに対応せざるを得ないでしょう。

 

ニューノーマルの働き方として、オフィスに出勤して働くスタイルからテレワークに移行する企業も多く、働き方も大きく様変わりしました。

 

テレワークを狙うサイバー攻撃

そこで懸念されるのは、企業の情報セキュリティ対策についてです。企業のICT環境は、オフィス内で業務を行うことを前提に構築・セキュリティ対策がなされているので、従来のままのインフラでテレワークを行うのは、セキュリティの観点から非常に危険です。

 

実際に、リモートワークを行うことでできる「セキュリティ上の穴」を狙ったサイバー攻撃が増えています。

 

最近では、テレワークを狙ったサイバー攻撃として大手企業を含む38社分の認証情報がインターネット上に流出したという被害が報告されています。在宅勤務する社員らの社内システムの利用時に必要な機器「VPN(仮想私設網)」の認証情報が、不正アクセスによって盗まれていたということで、まだ被害は確認されていないものの、第三者に悪用されると社内システムへの侵入が容易になることから、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が注意喚起を行っています。

 

また、コロナウイルスに便乗し、新たな情報や有益な対策など、人々が興味・関心を引くフィッシングメールによる被害も増えています。このようにコロナウィルスに便乗したフィッシング攻撃は、コロナ禍が収束しない限り、より巧妙に進化しながら続いていくと言われています。

 

このようなサイバー攻撃から企業を守るセキュリティ対策は、
1.技術的対策
2.物理的対策
3.人的対策.
の3つの方向から行うことが必須となり、社内のITセキュリティ担当者は、最新の攻撃事例の動向を把握し、ニューノーマルへ移行する際の対策を行わなければなりません。

 

正確な脆弱性診断を

新たなセキュリティ対策を施さなければならないことは理解していながらも、多くの企業は人材不足による理由のため対応が遅れているようです。

 

リスクの洗い出しだけで膨大な業務となり、限界を感じているのではないでしょうか。

 

しかし、小さな脆弱性をつかれたサイバー攻撃も、結果的に経営を脅かすような事態に発展する可能性があるということを十分に認識しなければなりません。

 

近年では、AIの機械学習により最新の脆弱性を常に検出し、正確な脆弱性診断ができるサービスもあり、自社で行うより、コストダウンにつながる可能性もあります。

従来の3倍 はやく、やすく、高品質な脆弱性診断

 

 

急激な市場の変化の中、ニューノーマル時代にあった企業へと迅速に変化できる企業が、企業競争力を身につけていくのではないでしょうか。

 

 

「自社システムのセキュリティレベルを把握したい」「セキュリティ面の対応が追い付かない」という方は、専門家に相談するのもよいかもしれません。

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット