電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -働き方改革-

緊急事態宣言の中、テレワークを導入する企業が多くありました。

 

しかし、テレワークは、政府が推進している「働き方改革」の重要な位置づけでしたが、コロナ禍の前までは、どの企業も着手が遅れているのが現状でした。

 

コロナウィルス感染拡大防止のため、テレワークの導入は一気に推し進められましたが、準備不足のため、課題も多く発見されています。

 

 

自社にあった課題解決

コロナ禍のテレワークでは、「通信ネットワークの速度が遅い」とう問題が多数起こったようです。

 

多くの企業では、「出社して勤務をする」という前提でネットワークインフラが構築されているので、当然といえば当然の問題です。

 

通信の問題の多くは社内システムにアクセスする際利用するVPNの問題に起因しますが、一口にVPNの問題といっても、企業によって「構成の問題」なのか、「接続数に対する問題」なのか、「アクセス制限に対する問題」なのかなどは異なってきます。

 

具体的ではなかった問題が、テレワークを実施したことにより明確になったということは、自社にとって必要な改善点が見つかったということなので、この機会に早急に解決するべきです。

 

クラウドゲートウェイ

事業継続性の維持として

「テレワークは問題が多い」という理由から、テレワークの課題への取り組みを行わない企業は注意が必要です。

 

そもそも、政府が「働き方改革」としてテレワークを推進しているのは、「少子高齢化による労働人口の減少を危惧し、柔軟な働き方を可能にすることで、将来起こり得る人手不足の解消をしよう」という意図があります。

 

また、テレワークは自然災害が多い日本では、万が一災害が起こった場合でも、業務を継続できるBCP対策としても有効な対策にもなります。

 

現在問題がないからと後伸ばしにしていると、事業継続性の維持が難しくなってしまうかもしれません。

 

今後は企業の柔軟性が試されるようになります。将来を見据えて、今のうちに対策をとる企業の競争力のほうか強くなるということは言うまでもありません。

 

 

「何を優先したほうがいいかわからない」「どのような構成が自社にあっているかわからない」などの悩みがある方は、専門家に相談して、適切なアドバイスをもらうのがよいでしょう。

 

無料で相談会を行っているので、ぜひご利用ください。

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット