電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -VDIのメリット-

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)や働き方改革による社会環境の変化に対応に対応するうえで、ITは重要な役割を果たします。

 

ビジネスを継続するためのBCP対策を行いつつ、場所を選ばないテレワークの導入を進めていくには、企業はどのようなIT投資を行っていく必要があるでしょうか。

 

VDI(仮想デスクトップ)のメリット

テレワークへの移行に伴い、多くの企業で導入されたのが、VDI(仮想デスクトップ)でした。

 

コロナ禍では、外出先や自宅からなど、マルチデバイス対応でどこからでもアクセスが可能なツールとして需要が高まりました。しかし、それ以前では、セキュリティ対策として導入する企業が多くみられました。

 

例えば、VDIを導入した場合、USBなどの媒体を利用する場合に起こり得るデータの紛失や盗難、情報漏洩のリスクなどを低減させることができます。

 

多要素認証 (MFA) などの導入で、セキュリティをさらに強固にさせることも可能です。

 

また、VDIでは、ユーザーが利用するデスクトップ環境を総合管理できるので、システム管理者のセキュリティパッチやアプリケーションの管理などの負担削減として有効です。

 

VDIは、BCP対策としても、テレワークの推進ツールとしても相性がよく、情報漏洩対策としても、業務効率の改善という点からでも導入効果が期待できます。

クラウドのメリットを最大限に利用

社会環境の変化が速いこの時代、IT環境も柔軟に変化させなければ、ビジネスの継続は難しいでしょう。

 

今後、いかに柔軟なインフラを構築していくかが企業としての課題となっていくでしょう。

 

クラウドの利用は、インフラの運用・保守を柔軟に容易に行うことができます。

スモールスタートでVDIを導入し、徐々に追加することができるのもクラウドならではの柔軟性です。

 

 

 

常に最新のセキュリティレベルを維持できるように運用もサポート。
AWSの導入やインフラ構築のご相談を無料で行っています。
ぜひ、ご相談ください。

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット