電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

テレワーク・在宅勤務の導入 -安全なファイル共有-

コロナ後は、働き方が大きく変化すると言われています。
完全にコロナが収束したとしても、コロナ以前と同じ働き方には戻らないでしょう。

自然災害の多い日本では、改めてテレワークの環境の整備の必要性が注目されています。

 

企業においては、データの共有や管理・運用が業務効率向上の鍵の一つとなるでしょう。

一方、企業では、セキュリティ対策に頭を抱えることも多かったようです。
準備期間を持たずにテレワークを導入した企業では、「テレワークのためルール策定が間に合わなかった」や「テレワークのため一時的にセキュリティルールを緩めた」などの声も聞かれました。

 

こういった課題には、早急に対応し、環境を整備する必要があります。

 

安全なクラウドストレージの選び方

・法人向けサービス
数多くオンラインストレージのサービスはありますが、個人向けツールとして提供されているサービスでは、権限の設定やログの取得などができず、機能が不十分な場合があります。

法人向けサービスでは、安価であっても、セキュリティ・バックアップ対策などに対して十分に配慮されているので、自社にあったセキュリティ対策ができるサービスを選びましょう。

 

・使い勝手
社内全体で利用する場合、全ての利用者のITリテラシーが高いわけではありません。

操作性が悪かったり、難しいと、業務効率が下がるばかりか、思わぬアクシデントの引き金になってしまう可能性があります。
操作は可能な限り簡単なほうがよいでしょう。

 

トライアルから始めてみる

導入後、想定したような利用ができなかったり、想定外の利用もでてくるかもしれません。
利用量の把握ができていない場合もあります。

 

トライアルから始められるサービスを利用して、一部からスタートさせてみるのもよいでしょう。

 

コンテンツや情報がファイルの形で企業内、パートナー、顧客間と安全かつスムーズに共有され活用されることで、業務効率と生産性向上に大きく寄与するでしょう。企業全体の強化に繋がることも間違いありません。

 

コロナウィルス感染対策としてだけではなく、企業のさらなる成長にむけたDXを加速させるために、データ共有に対して真剣に取り組む必要があるでしょう。

 

 

 

クラウド導入、セキュリティ対策など、無料の相談会をご利用ください。

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット