電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -ソリューションの見直し-

新型コロナウイルス感染症の影響で、半ば強引にテレワークを始めた企業も多くありました。
「テレワークはできない」と考えていた企業も、テレワークに関連する技術の有効性が確かめられてきたかのように思えます。
社外にいながら、会社のネットワークに接続することが可能なVPN(Virtual Private Network)を利用した企業も多く見られました。

 

VPNセキュリティの危惧

VPNは、離れた場所の間を仮想的な専用線でつなぎ、安全なルートを確保した上でデータ通信を実現する仕組みです。

 

しかし、テレワークでVPN利用が広がるに従い、サイバー攻撃を仕掛ける側は、組織の脆弱性を探る動きを活発化させるのではないかという懸念もあります。

 

実際に、リモートアクセス時のVPN利用時に、在宅勤務者を標的にしフィッシングメールを送信し、ユーザー名やパスワードなどの情報を窃取する攻撃も増えているということもセキュリティリスクとして危惧されています。

 

テレワークを利用する社員にセキュリティルールの注意喚起を行うと同時に、VPN利用では、多要素認証などセキュリティ対策の強化が求められています。

 

ソリューションの見直し

アフターコロナのニューノーマルでは、長期的な戦略を視野にいれたソリューションを選ぶ企業が増えています。

 

・セキュリティが維持できる
・担当者の負荷を軽減
・利用者の利便性を損なわない

など、今後の自社にあったソリューションを再検討を行う機会だと言えるでしょう。

将来を見据え、拡張性や柔軟性なども考慮するケースも多いようです。

 

企業は『働き方改革』も踏まえ、テレワークのあり方やセキュリティをもう一度見直し、関連技術に投資する傾向にあります。

 

VPNや仮想デスクトップ(VDI)などのテレワークソリューションだけではなく、総合的な社内システムとセキュリティの見直しなど、今だからこそ早急対策することが、今後の企業の在り方かもしれません。

→テレワーク導入

 

 

クロスパワーでは、社内システム、ネットワーク、テレワークソリューションなど、トータルな相談を無料で行っています。
クラウドサービスの導入支援、構築、運用などワンストップで解決できるので、ぜひご相談ください。

 

AWS相談会バナー

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット