電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -レガシーシステムを刷新-

緊急事態宣言に伴い政府はテレワークや出社制限を推奨しましたが、厚生労働省とLINEが共同で調査では、仕事でテレワークをしている人は約3割にとどまったとのことです。

 

以前よりテレワークを推進していた企業は迅速に対応することができましたが、急ごしらえな環境で強引にテレワークを導入したり、対応しきれなかった企業も多くあったようです。

 

医療業・福祉業はもとより、生産業・製造業であったり、店頭での販売業、などテレワークが困難な職種もあるので、全面的に対応することは困難かもしれません。

 

しかし、
・ペーパーレス化が進んでおらず「契約書に印鑑を押す」「請求書を郵送する」などのやり取りが必要
・必要なデータが社内システムでしか閲覧できない
など、デスクワークであってもITインフラが整っておらず、全面的に在宅勤務に踏み切れなかった企業も多くあったようです。

 

このような問題は、クラウドの活用、情報のデジタル化などで解決できるものがほとんどです。

 

デジタル化への対応が企業の存続を左右する

コロナ禍では、デジタル化が進んでいてテレワークの導入で通常とほぼ同様の仕事ができた企業もあれば、環境が整わないために生産性が大きく落ちた企業もあったでしょう。

 

同じ業種であるならば対応力の差が明確に売り上げに直結します。

対応を急がなければ、差が開いていくだけでしょう。

 

今後は、デジタル化への対応力が企業の存続を左右します。

 

 

レガシーシステムの刷新を

新たなデジタル技術を活用し、ビジネスを変革、柔軟に改変していかなければ、企業の競争力は強化されず、将来の成長は難しくなっていくでしょう。

 

もし、古い基幹システムが原因で、テレワークの導入ができなかったのだとしたら、システムの刷新は企業にとって急務です。

 

2025年の崖問題と合わせても早急に取り組まなければならない課題となります。

 

(出典:経済産業省)

 

企業にとって最も大事なことは、どんな状況においても事業を継続していくことです。

 

アフターデジタルの世界では、ITインフラの整備がなされていない企業は、事業を継続する上で大きなリスクを抱えることになります。

より柔軟にかつスピードを持って改革する企業が今後成長する企業になるでしょう。

 

 

・自社に最適なシステムを提案して欲しい

・自社のシステムを見直したい

・セキュリティに問題がないか診断して欲しい

 

などは無料で相談会を開いていますので、ぜひご相談ください。

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット