電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -業務・セキュリティの見直し-

緊急事態宣言が解除されましたが、それによってまったく元の状況に戻るかというとそうでもないようです。
新型コロナウィルスの感染拡大を防止しながら、段階的に日常生活を取り戻していきつつも、今までの「当たり前」がそうではなくなることも多いでしょう。

 

緊急に取り入れられたテレワークですが、継続させていく企業も多いようです。

新型コロナへの対策としてのテレワークは、長期的に働き方改革としても定着し、次のフェーズに入ろうとしています。

一方、新型コロナウィルスの第二波などの可能性がないともいえ状況下、整備が不完全なまま導入されたテレワークは、整備に早急に積極的に取り組む必要があると考えられます。

 

 

緊急措置や業務の見直し

コロナ禍をきっかけに、テレワーク未導入企業では新たな取り組みの中で、また、すでに取り組んでいた企業にとっても、テレワークのメリットや解決すべき問題が明確になってきたのではないでしょうか。

 

まずは、テレワークの導入により変化した業務を洗い出し、今後の対策を考えなければなりません。

「テレワークにより効率が下がった業務や集中した業務」は、原因が人なのかシステムなのか業務フローなのかがを分析し、改善をしなければなりません。

 

また、テレワークに出来なかった業務の今後の対応も見直し、可能な限り対策を取る必要があります。

 

 

セキュリティ対策の見直し

業務の見直しは、業種や業務によって各企業異なってきます。

しかし、すべての企業において、重要な課題は、セキュリティ・リスクの回避です。

 

今までは、テレワークを前提としたIT投資ではなかった企業が多くありました。
しかし、セキュリティ対策は、テレワークを行うにあたり重要になり、システム面でもテレワークを前提とした環境の構築が必要です。

 

・クラウドサービスなどを利用し社内外でも同じように利用できる環境を構築する
・社外からでもアクセスできるVPNの見直しをする
などで、安全に利用できる環境の構築が重要になります。

 

また、社員にはセキュリティ対策に対する教育を行うことも必要になるでしょう。

 

セキュアで新しい環境つくり

テレワーク導入で浮き彫りになった課題を柔軟に解決していくことで、テレワークの問題だけではなく、業務が効率化され、企業が成長する環境が整っていくでしょう。また、パンデミックだけではなく、地震や災害にも強い企業になっていくでしょう。

 

・情報漏洩リスクが心配
・セキュアなネットワーク接続がしたい
・セキュリティを強化したい
・自社のセキュリティが安全か知りたい
・クラウドサービスで何が解決されるか知りたい

 

などは無料で相談会を開いていますので、ぜひご相談ください。

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット