電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

テレワーク・在宅勤務の導入 -変化する企業-

新型コロナ対策としてテレワークが浸透してきました。
テレワークをサポートする「セキュアな情報共有の方法」としてクラウドサービスに注目が集まっています。

 

近年IT系の会社では、クラウドサービスを積極的に利用していますが、新型コロナ感染対策として緊急に導入したり、今後のために導入を検討しているという企業もあるかと思います。

 

緊急事態宣言の解除後は、テレワークは減少の傾向にありますが、働き方の選び方のひとつとして、定着することになりそうです。

 

 

テレワークで問題点が浮き彫りに

テレワークのため、ExcelやPower Pointなどのデータをメール添付でやり取りしていた会社が、『オンラインストレージ』を導入して、「ファイル共有」を簡単にしました。
セキュアな『オンラインストレージ』では、情報共有に時間がかからず、バージョン管理なども容易にでき、リモートワークの業務が効率的になります。

 

しかし、同じ社内でも『オンラインストレージ』を利用していたほうが、業務効率がよくなる場合は、テレワーク導入でもともとの業務の問題点が出てきたといえます。

 

アフターコロナに変化せざるを得ない企業

今回のコロナ禍で浮き彫りになった問題は、もともとあった課題と向き合う機会かもしれません。

先延ばしにしていたシステム導入や検討をし、課題をいかに早く解決していくかが、今後の企業の取り組みになるでしょう。

働き方の変化により、消費者も変化します。

世の中の状況にあわせ、柔軟に対応できる企業が今後選ばれていくのではないでしょうか。

 

クラウド導入、セキュリティ対策など、無料の相談会をご利用ください。

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット