電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -これからのテレワーク-

緊急事態宣言が解除された後もテレワークを継続する企業も多くあり、一時的なテレワークの導入ではなく、『働き方改革』として長期的に導入していこうという動きが見られます。

コロナ禍の下、半ば強制的に導入された感が否めないテレワークですが、テレワーク導入のハードルは下がり、次のステップを踏もうという企業が多いのではないでしょうか。

 

テレワークの生産性は上がる?下がる?

「テレワークの生産性があがったか」という調査では、「生産性が下がった」という企業が半数以上を占めるという結果にあります。

しかし、「生産性が下がった」という企業は、新型コロナ感染対策を機に、準備が不十分なままテレワークの導入が実施された企業も多いので、「やっぱりテレワークは難しい」と決めつけず、「準備や改善を加えれば、企業としてのメリットがある」という判断なのかもしれません。

 

例えば、「社内サーバーにアクセスするためだけに出社しなくてはならない」というようなことは、非効率的です。
ですが、それを解消すれば、効率的になるかもしれません。

 

これからのテレワーク

テレワークを導入する壁を超えた企業の次の壁は、「テレワークの効果を出す」ということです。

 

実際にテレワークを行った企業では、

・業務フローを見直したい
・テレワーク先でも会社と同じ環境を構築したい
・セキュリティ対策を万全にしたい
など、解決するべき課題が明確になったはずです。

 

いずれにせよ、今後の企業は、
『会社でもテレワーク先でも同じ環境がセキュアに利用できる』と業務効率は上がるのではないでしょうか。

 

新型コロナに対する対応だけではなく、災害や起こり得るリスクに対策をし、きちんと対処ができる企業とできない企業の差がでてきます。

 

無料相談会など、有効に活用するとよいでしょう。

 

→テレワーク・在宅勤務をサポート

 

AWS相談会バナー

 

 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット