電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -テレワークを目的としない働き方改革-

新型コロナウィルスの影響でテレワークが急速に普及した一方、出勤をせざるを得ない人も多くいました。

テレワークができない業種も多くありますが、急激な対応が要されたため、会社の制度や方針が間に合わず、テレワークの導入を見送った企業も多くあるそうです。

また、大手企業に比べて、中小企業のほうがテレワークを導入に踏み切れずにいる傾向も強いようです。

 

中小企業がテレワーク導入に踏み切れない理由

よく、『セキュリテイ対策ができない』という声を聞きますが、

・ITへの知識が不足している
・専任の管理者がいない
などのリソース不足から

『どこから手をつけてよいのかわからず、なかなか取り掛かれない』という理由が大きくあるようです。

例えば、セキュリティ対策と言っても、

『何をどのように対策したらよいのかわからない』というのも多いようです。

 

しかし、長期的な『働き方改革』も必要とされている昨今では、改めて企業の業務改善を意識しなければなりません。

 

テレワークの導入を社内の業務の見直しから始める

コロナ禍の緊急事態宣言により、『テレワークの導入』に注目が集まりましたが、
『働き方改革』では、テレワーク自体が目的ではなく、リスク回避や業務効率の改善が目的になります。

 

中小企業では、どのように取り組んでいくかで、強い企業として生き残りをかけることになります。

「なにから始めたらわからない」という場合、

実際に業務を現場で行っているスタッフに、

「会社以外で仕事をする時に、問題になりそうなこと」をリサーチし、

起こり得りそうな問題点を洗い出すことから始めてみましょう。

 

例えば、

「パソコンが壊れたら、パソコン内のデータがなくなってしまう」

「他のスタッフとデータフォルダを共有したい」

「電話応対が困る」

など、どのように対応したらよいかわからない問題も、問題点がわかれば、専門家に相談しやすくなります。

 

テレワーク導入を検討することにより、社内での業務改善にもつながり、メリットも多くでてくるかもしれません。

 

→テレワーク・在宅勤務をサポートについて詳しく見る

 

AWS相談会バナー