電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS テレワーク

テレワーク・在宅勤務の導入 -セキュリティ対策を見直す-

新型コロナウイルス感染予防対策として、計画的ではなく、緊急にテレワークを取り入れた企業も多くあります。

テレワークの導入のスピードが必要とされたため、貸与したパソコンを持ち帰り業務を行うだけで、まだ整備が完全ではないという企業も多いのではないでしょうか?

現在の課題を見直し、今後『働き方改革』の一環として長期的に継続でき、効率的に行うことができるテレワークシステム構築を考えていきましょう。

 

持ち帰りパソコンのセキュリティ対策

パソコンを持ち出すことにより、情報漏洩のリスクが大きくなります。
現状を踏まえ、企業としてきちんと対策を取ることで、安心・安全で効率的になります。

 

1.社内での管理とルール設定

持ち出しのデバイスを管理し、どのノートPCやタブレット、スマートフォンが誰によって持ち出されているかきちんと端末の管理をしましょう。
紛失や破損など、事件や事故が発生した場合の対処方法や連絡窓口なども定めておいたほうがよいでしょう。

 

2.デバイスのパスワード設定とハードディスクの暗号化

貸与デバイスには必ず、パスワードの設定を行いましょう。
しかしログインパスワードを設定していれば、安心というわけではありません。
データの機密性を維持するために行われる暗号化をしておきましょう。ハードディスクを暗号化していない場合、第三者がパソコン内のハードディスクを抜き取り、変換アダプタなどから簡単に情報を復元することが可能となってしまいます。
そのため、ハードディスク全体を暗号化をしておくことが必要です。

 

3.ソフトウェアの更新やウイルス対策ソフトの導入

ソフトウェアの更新やウイルス対策ソフトは常に更新し、メンテナンスを適切に行うようにしましょう。

 

4.社員のセキュリティに対する意識を高める

・フリーのwi-fiは利用しない
・持ち出しファイルを限定する
・個人情報を保存しない
など、ルールを定めても、守られずにいては、効果はありません。
セキュリティ対策の必要性をきちんと社内に浸透させ、ルールを遵守するように社員の意識改革を行っていくことが必要です。

 

5.データをクラウドに保存/安心なネットワークの確立

社内のファイルサーバだけではなく、クラウドサービスなど信頼できるデータ共有サービスやバックアップ環境などを整えておいたほうがよいでしょう。
適切にクラウドサービスを利用することで、社内のサーバにアクセスするためだけに出社するというような非効率な業務を減らすことができます。

社内のサーバを利用しなければならない場合には、社外からでも安全にアクセスが可能になるVPNの構築を行うと効率的になります。
既存のネットワークを利用して、高セキュリティで低コストで導入できるサービスもあります。

→安心・安全のネットワークについて詳しく見る

6.仮想デスクトップの導入検討

データの処理や加工をサーバー側で行い、接続元のノートパソコンなどの端末には画面のみ送る仮想デスクトップの導入も効果的です。
端末にデータが残らないため、万が一盗難や紛失などで利用している端末が紛失した場合でも、データの流出を防ぐことができます。場所を選ばす同じデスクトップの環境が利用できるため、テレワークなど社外での作業が効果的に行うことが可能です。

→仮想デスクトップについて詳しく見る

 

セキュリティ不安が残る場合は専門家による診断を

自社でセキュリティ対策を進めていても、
「本当に大丈夫なのか自信がない」
「セキュリティの専門家がいないから対応しきれていない」
「もっと効果的に行う方法はないか」など、

不安が残る場合は専門家に相談するのがよいでしょう。

 

 

AWS相談会バナー
 

 
 

テレワーク・在宅勤務の導入について

→ICT環境について
→オンラインストレージの選び方
→VPNのメリット・デメリット
→顧客電話対応・コールセンター構築
→スモールスタートやトライアルから始める
→セキュリティ対策を見直す
→クラウド移行
→テレワークのメリット