AWSパートナー 電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

Amazon Echo を使ってブログのRSSを配信する方法(Echo呼出編)

AmazonEcho ( Alexa)

Amazon Echo のニューススキルを利用して自分で運営しているブログのRSSを配信する方法をお伝えします。

前回はAWSのLambdaやAPI Gatewayを使ってRSSを読む処理を作成しました。

今回はEchoから前回作成した処理を呼び出して、RSSを読んでみましょう。

 

Alexaの設定

Alexaにニューススキルを作成し、API Gatewayで作成したURLを登録していきます。
Amazon Deleveperを開きます。
https://developer.amazon.com/

 

“サインイン”を押してログインします。

 

ログインするか、アカウントがまだない方はアカウントを作成してください。
Alexaのスキルを作成するのはAmazon Developerというサイトで、AWSとは無関係なためAWSとは別のアカウントが必要です。
以下、アカウント作成をしてみます。

 

 

国などを入力していきますが、間違えても後で変更ができますので安心してください。

 

 

有料コンテンツがあるかどうかを指定します。有料コンテンツがある場合、登録が色々面倒なので、不要ならひとまず”いいえ”が良いです。

 

有料コンテンツがある場合、ここからさらに入力していくことになります。

 

今は有料コンテンツは不要なので、無料スキルとして話を進めます。

 

登録、あるいはログインすると”ダッシュボード”が開きます。
Alexaスキルを開発するため”Alexa”を選択します。

 

“Alexa Skills Kit”の”始める”を選択します。

 

“新しいスキルを追加する”を選択

 

“スキルの種類”は”フラッシュブリーフィングスキルAPI”を選択、
“言語”は提供する国を選びます。後で書きますがEchoのシミュレーターを使用するには英語である必要があります。
Echo実物を持っている場合は”Japanese”で大丈夫です。
“スキル名”は一度入力すると二度と変更できませんので注意してください。

 

対話モデルは”フラッシュブリーフィングスキル”には無いためそのまま”次へ”

 

“カスタムエラーメッセージ”はAPI Gatewayで作成したURLがHTTP STATUS 404(NOT FOUND)などを返した場合に読まれます。
“新しいフィードの追加”を押すとフィードの入力欄が出て来ます。
フィードとはコンテンツのことであり、この場合はニュースの内容のことです。

 

“プリアンブル”はアレクサを呼んだ時に、最初に返答してくれる言葉です。
語尾が決まっているので注意してください。
“コンテンツタイプ”は”テキスト”を選択します。URLの先にmp3がある場合は”オーディオ”にするようです。
“URL”にはAPI Gatewayで作成したURLを入力します。
“保存”を押すと保存できますが、まれにエラーになることがあります。その際は何度か”保存”を押してみてください。

 

保存ができたら”次へ”

 

“はい”のまま”次へ”行きます。
ここで”はい”にしていないとEchoやシミュレーターを使用してテストができないので基本的に”はい”にしといて損はないです。

 

“公開情報”は全て必須項目です。登録しなくても進めますが後で入力を要求されます。

 

アイコンは2種類のサイズが必要です。上で設定したアイコンと同じサイズの物と、縦横108pxの物が必要になります。

 

“プライバシー”は全部”いいえ”にしておけば大丈夫です。
課金機能は2018年に導入予定らしいので、今は無課金の設定にしておきましょう。

 

 

保存したら”Skills Beta Testing”を押してテストしてみましょう。

 

“テスターのメールアドレス”を入力し”テスターを追加”を押します。
ひとまず自分のメールアドレスを入力すればOKです。
このメールアドレス宛にテストメールが送られ、メールの手順に沿うことでAlexaアプリが起動してスキルをONにできます。

 

“テストを開始”を押したらメールを確認してみましょう。

 

テスト期間中は下記のような画面になります。
“招待用URL”へ飛ぶとブラウザ版Alexaアプリが起動します。が罠があります。
それは英語のスキルしかテストできないという罠です。なのでおとなしくスマホのAlexaアプリを使用してスキルをONにしましょう。

テストメールはこういった感じの内容で届きます。リンクをクリックすることでAmazon Alexaアプリが起動します。

 

 

 

 

 

 

作成したスキルが有効になっていることが確認できます

 

“アレクサ、ニュース”と呼びかけるだけで作成したスキルを呼んでくれると思います。

(動画の音量が小さいため、ボリュームを上げて再生してください)

 

テストがOKなら一般公開してみましょう。
“Alexa Skills Kit”へ戻り”申請する”を押します。

 

申請結果は2段階あり、1段階目は動作さえしていればすぐにOKの返答がもらえます。

2段階目は著作権の侵害をしていないか等、色々な観点から審査しているようで、

返答まで1日は最低でもかかっている感じがします。

 

—–2017/12/21追記—–

申請後、ブログ責任者からのブログ内容の使用許可をもらい、使用許諾書を提出するようAmazonから連絡が来ました。

使用許諾書を記載し、Amazon Developersの問い合わせフォームから提出方法を聞き、

メールで使用許諾書を提出すると3日ほどで申請が通り、やっとで一般公開にたどり着けました。

申請が通ると次のようなメールが届き、Alexaアプリで確認できるようになります。