電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

ロゴ

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

AWS Server Migration Service

AWS Server Migration Serviceを利用したAWS環境へのサーバ移行

PCモニター

AWS Server Migration Serviceを使ってますか?
今回はAWS Server Migration Serviceを利用したオンプレミスの仮想サーバをAWSにさくっと移行してみます。

目次

 

IAM設定

vmwareの仮想マシン側のconnectorで使用するIAMユーザとServer Migrationのジョブ時に使用するIAMロールの2つを作成します。

まずは、IAMユーザから作成します。
IAMユーザには[ServerMigrationConnector]のポリシーをアタッチして作成します。

次にIAMロールを作成します。
このIAMロールには次のポリシーと信頼関係の設定をいれます。

ポリシー

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "ec2:ModifySnapshotAttribute",
                "ec2:CopySnapshot",
                "ec2:CopyImage",
                "ec2:DeleteSnapshot",
                "ec2:DescribeImages",
                "ec2:DescribeSnapshots"
            ],
            "Resource": "*"
        }
    ]
}

信頼関係

{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Sid": "",
      "Effect": "Allow",
      "Principal": {
        "Service": "sms.amazonaws.com"
      },
      "Action": "sts:AssumeRole",
      "Condition": {
        "StringEquals": {
          "sts:ExternalId": "sms"
        }
      }
    }
  ]
}

 

 

OVFテンプレートから起動

vCenter側でconnectorの仮想マシンを作成します。
OVFテンプレートから起動するだけです。
下記からダウンロードできます。
https://s3.amazonaws.com/sms-connector/AWS-SMS-Connector.ova

 

awsconnectorの設定

OVFテンプレートのインポートが完了したら、webブラウザからアクセスします。

後は画面に表示される設定を入れていくだけです。

Step 5のAWS Credentialsには最初に作成したIAMユーザの情報を入力します。

途中でvCenterの情報を入力するところがあります。ロール等をしっかり設定する場合は、画面に表示されている権限でロールとユーザを作成してください。

完了すると、次の画面が表示されます。

 

Server Migrationの確認

AWSコンソールから[Server Migration]を確認すると[Connectors]に作成した仮想マシンが登録されてます。
[Import server catalog]をクリックすると、vmware上の仮想マシンの一覧が[Servers]に表示されます。

 

レプリケートジョブの実行

今回はLinuxサーバをレプリケートします。
[Replication jobs]からレプリケートしたい仮想マシンにチェックを入れて設定していきます。
今回は一回だけすぐに実行したいので下記のように設定します。
IAM service Roleには最初に作成したIAMロールの名前を入力します。

しばらくすると、ジョブが実行されます。

vmwareを確認していると、スナップショットを取得したり、OVFのエクスポートが実行されているのが分かります。

 

ジョブ完了後の確認

ジョブが完了すると、AMIが作成されます。

 

後は、AMIからEC2インスタンスを作成するだけです。

 

いかがでしたでしょうか。

Server Migration Serviceを利用することで、AWSへの移行が簡単にできるようになりました。

移行前のテストとかも簡単に実行できるので、是非お試しください。