電話番号 電話番号 お問い合わせ

受付時間 平日10:00~18:00

TOP

資料ダウンロードはこちら >>

エントリーバナー

AWSやシステム・アプリ開発の最新情報|クロスパワーブログ

今年の抱負

クロスパワーロゴ

Fukudaです

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
クロスパワーは2016年もかけぬけて行きます!

弊社メンバーたちと営業開始日に、クロスパワーの地元神田明神にて、今年の成長祈願の参拝をして参りました。その後、新年の打合せを実施。

改めてになりますが、とある資料によると、クラウド市場は現状、日本では8,000億円程度のシェアとのことですが、2019年には2兆円市場になるとのことです。

これは、IaaS,PaaS,SaaS等を含めた市場規模の拡大とのことで、クロスパワー・XP.Cloudとして、この市場に対してどのように貢献できるかをメンバーと話し合いました。弊社はもともとSES・SIを母体としていた企業ですが、その構築力をAWS環境構築に転換中しているクラウド・サービス企業としても若干後発の企業になります。

ただ、話し合っている最中に結論がでたのが、AWSにしても他の環境にしても、IaaS,PaaSという視点では、いわゆるSIとの共通項が多々あるということです。Cloud環境上にプラットフォームとして、LinuxなりWindowsおよびネットワーク環境があり、その上にアプリケーション・ミドルウエアが機能しているという点が主な共通項です。クラウドは特別ではなく、現存しているシステムの延長線上にあるということ。

ただ、不透明性を高めているように感じられるのが、コスト換算やクラウド固有の環境に対応しなければならないという点がハードルとなっています。

その不透明性の中に、メリットも多々あります。

AWSでは隣の国、韓国にソウルリージョン(AWSのDCの拠点)を開設しました。いままでは、東京から一番近いリージョンがシンガポールでした。ネットワークの物理的な近さから、バックアップ環境やBCP対策の環境をより、簡易に構築できることが可能になります。リージョン間でのバックアップは容易で、S3等のコストメリットがある物理環境にデータを保存することで簡易に構築することができます。物理的な近さはリストアも容易にしてくれるので。

上記も提案事例の一つになります。XP.CLOUDは、サービスを明瞭化し、『わかりやすいサービス』を定性目標の一つに加え、AWSを通じてクラウドビジネスに今年も全力で貢献して行きます。

 
 
 
 

アプリケーション開発バナー